私たちが考える、医薬分業
薬局、薬剤師は、お薬の専門家。
医薬分業の制度により、通院する病医院が様々でも、お薬を受け取る場所が同じになると、こんな良いことがあります。
まず薬局では患者さん一人ひとりのお薬の記録(薬歴)を作り、管理しています。アレルギーや副作用のことを記録することで一人ひとりにあった服用についての注意を促すことができます。薬剤師が飲み方や効能を伝える服薬指導を行うことで、患者さんもお薬に対する安心感を得られます。
また、近年ジェネリック医薬品の使用が広がっていますが、安価で品質の保証された安全なジェネリック医薬品の選択も私達の大きな役目となっています。
真心で応対します。
医師との連携をはかり、患者さんの疑問を解決する薬剤師。
薬剤師は、処方せんの内容からお薬の重複や危険な飲み合わせに気づいたり、患者さんに相談をうけたりした時、直接医師に問い合わせ、処方内容を確認します。「聞き足りないことがあっても、ためらわずに聞ける。」「言いにくかったことが、言えるようになった。」、そんな声を薬局の窓口でよく耳にします。

患者さんが調剤薬局をご利用いただくことによって、自分自身の体や病気をよく知り、良好に管理できるというメリットがあります。だからこそ、今私たちに求められているのは、「医師と意見を交わせられる薬剤師」であることです。私達は日々新しい知識や技術を身につけ、病医院と患者さまの間に入って、より良い医療を患者さまが受けることができるよう努力を続けています。
調剤薬局に必要な3つのこと。
患者さんに信頼される薬局づくり。
患者さんに理解、納得していただける言葉。
薬剤師として揺るぎない知識と技術。

医師と薬剤師が互いに持っている専門的な情報を共有することで、患者さんの症状を的確に把握し、健康への近道に繋げること。それが私たちの考える医薬分業であり、薬局のあり方と考えています。

医薬分業とは
一言で言えば「病医院ではなく、保険薬局で薬をもらう制度」のことです。
医師から診察を受けた際、お薬の代わりに、お薬の種類や量を記載した「処方せん」を渡されます。受け取った処方せんを保険薬局に持参すると、薬剤師が処方せんを見ながら薬を調合し、説明をしてくれます。これが医薬分業です。
この分業により、医師は診察に専念でき、薬剤師は専門知識を発揮できます。日々進歩する医療の現場では、治療も細分化され、さまざまな専門分野の人が治療にかかわっています。医薬分業は、それぞれの専門家が協力し合い、より良い医療を患者さんに提供することを目的としています。
医薬分業ってなんだろう?