おくすりQ&A
処方せん 薬局編

Q1.処方せんって何ですか?
お医者さんに行くと、検査や診察をしますね。その結果をみて、治療が必要になると、お医者さんが、それに適したお薬を選び、量や使い方を決めます。それらを記入したものが「処方せん」です。
Q2.どこのお医者さんでも、処方せんは出してもらえますか?
基本的にはどこの病院、医院、クリニックでももらえます。
詳しくは医療機関にお問い合わせください。
処方せんって何?

4日以内に来てね
Q3.処方せんを持って行けば、どこの薬局でもお薬を出してもらえますか?
店内に「調剤室」があり、厚生労働大臣の免許を受けた薬剤師がいるところが薬局です。「保険薬局」「保険調剤」「処方せん受付」という表示のある薬局が目印です。
Q4.処方せんには有効期限のようなものはありますか?
期限の記入がない場合、処方せんの交付日を含め4日以内が有効とされています。
Q5.処方せんがなくても、以前に調剤してもらったお薬をもらえますか?またお医者さんにかからなくても、調剤してもらえるのですか?
いいえ。その都度診察を受けて処方せんをもらってください。お医者さんは診断の結果、そのときの患者さんの状態、症状に応じてお薬を決めます。薬剤師はその処方せんをもとに調剤しますので、受診してから処方せんをいただき、いらしてください。

Q6.調剤されたお薬を家に届けてくれますか?
お薬は必要に応じて配達できます。体が不自由であったり、高齢の方で一人暮らしで薬局に行けない場合などは、事前に薬局にご連絡ください。ただし、場合によっては配達できないこともありますので、「かかりつけ薬局」などにご相談してください。
事前に連絡してね。
参考:「医薬分業をご理解いただくために」社団法人 日本薬剤師会ホームページより
    http://www.nichiyaku.or.jp/index.html